基本方針

  • NPO法人広島生活安全防犯協会(広防協)の活性化を図ると共に会員相互の交流、情報交換、価値観の共有を図る。
  •     
  • 会員の資質の向上を図るとともに、会員の活動を支援する
  • 広防協の事業収支事業の研究を推進する。
  • 委員会を立ち上げたので、全会員参加型の活動により一層の活性化を図る
  • 防犯カメラの設置が、犯罪抑止に貢献するので積極的に啓蒙する。

重点目標

  • 県警本部、防犯連合会、防犯協会、などと積極的に交流を行い、県民から評価される防犯活動を行う。
  • 公益社団法人日本防犯設備協会(日防設)と相互会員となったので、近隣または全国の防犯設備士(業)協会と積極的、有益な連携を図る
  • 収益事業の在り方を研究し、具現化する
  • 広防協の広報活動を積極的に展開する
  • 防犯カメラ技術講習会を今年も行う

事業予定

  • 小学校の防犯ブザーの点検
  •    
  • 優良防犯住宅認定制度の審査
  • 防犯モデル駐車場の審査
  • 安全推進隊の活動強化
  • 防犯講習会、研修会への協力
  • 防犯・安全対策・防犯機器などに関する相談活動
  • 住宅の防犯診断講師養成講習